テシ録  「出張路録(因島編)」

突然こんなものを立ち上げてすみません。

広島の因島というところに私が勤める会社の事業所がありまして、
一か月ほど出張をしておりました。
貴重な経験をしましたので、出張後記としてまとめてみました。
ご興味のおありの方はぜひ・・・。

f0124028_2115951.jpg
   (瀬戸内海より因島大橋を望む)




「因島 」・・・。 

尾道から今治を結ぶ“しまなみ海道”の島のひとつと紹介した方がよいでしょうか。
尾道からは二番目の島になります。
といっても、なかなか行く機会が無いところですよね。
実際、私もこの島は初めての土地でした。


島を簡単に紹介すると・・・。
島名の由来は多々あるようで、言い伝えはどれも「なるほど」と思わせます。
島の面積は30k㎡らいで、一番標高の高い山で250mくらいだそうです。
(聞いた話で、正確に調べておりません)
島の拠点は土生(はぶ)港で、ここから各島々を結ぶフェリーが就航しています。
今治まで行っているのには驚きました。

f0124028_10464421.jpg

   (山頂より土生港を望む)


産業はやはり造船の町だなと感じました。(仕事柄でしょうか・・・)
造船業の最盛期にはこの島だけで世界で五本の指に入る製造量を誇ったそうで、
島には造船所が多く、ドックには修理船がたくさん入渠していました。

そして、「八朔」の発祥の地だそうです。滞在中は一日二つは食していました。


島の歴史はとても古く、室町時代から戦国時代にかけて瀬戸内海で勢力を誇った村上水軍の本拠地のひとつだそうです。

f0124028_2120564.jpg

   (村上水軍城)


うそかホントか、この水軍にさらわれたお姫様の末裔が多くおられ、島には美人が多いと聞きました。

ん~・・・そう言われてみると、町を歩く女性は綺麗な方ばかりで、
お世話になった方は、とても素敵な人でした。
(お礼の代わりに・・・)

今回の出張は雨の日ばかりで、しかも仕事に追われ観光どころではありませんでしたが、
今度ゆっくり訪れてみたいと思います。
また長期出張があればラケット持って行こうかな・・・


支離滅裂な終わり方をしそうなで、この辺で・・・。
[PR]
by mkclub2 | 2012-03-08 21:24 | テシ録 | Comments(0)


<< スポーツ保険加入のお知らせ 磯子区ミックス大会のお知らせ >>